セミナーで紹介するぎっくり腰治療などの技術及びカリキュラムは全て活塾の碓井氏が監修しています

サイトマップ

知られざる裏ワザ。一子相伝の技術

セミナーでぎっくり腰に効果のある活塾の碓井流活法を教わり、はじめてどんな腰痛患者が来ても困らないという確信をもてました

最新スケジュール情報

セミナー日程一覧はこちら!>>

お申込みはこちら!

「1Day 活法博覧会」 ベーシックセミナー 受講生より、続々と驚きと喜びの声

ブログカテゴリ一覧

2016年3月の記事一覧

SMTWTFS
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エントリー

リスト

講師紹介

みずからの腰痛の悩みに対し、一般的なカイロプラクティックや特殊な個人整体など、現在「整体」とよばれている手技療法を受けてみる中、患者の立場から、それらの技術内容に疑問を感じより納得できる技術を見つけるには、自らも施術家として勉強するしかないと思い至り、捜し歩いたあげくにたどり着いたのが碓井流活法。この整体法に出会うことができてはじめて、独立開業できるという確信をもつに至る。

創始者碓井師と同様、「技術は使えることに意義がある。学ぶだけでは意味がない。使えるようにならなければならない」と強調してやまない。もちろん、活塾でのセミナーはすべて、「誰がやっても」、「本当に症状を改善できる技術を」、「(ただ教えるのではなく)使えるようになるまでその場でコーチすること」を至上命題として組み立てている。

活法を学んで驚いたことは、どれだけ多くの痛みやしびれの症状が筋肉に起因しているのかを、自らが活法の技術を修得していく過程を通して実感できたことでした。人間の感覚はあまりあてになりません。我々が、骨や関節に痛みをもっていると感じていたとしても、それは半分以上が錯覚です。なぜかというと、骨自体には神経が通っていないからです。(現に骨にひびが入っても、まったく痛みを感じないケースだってありますよね。)

活法がすごいのは、優れた筋肉調整法をもっていることなのです。これがなければ、たとえ「筋肉が原因だ」などと言っても絵にかいた餅です。すぐれた筋肉調整法を知らない、西洋医学にもとづいた診断では、ヘルニアなどの、背骨や椎間板の問題を原因にされるのが多いのは当然といえるでしょう。

「筋肉の調整」というと、指圧・マッサージ・もみほぐしといった手技でイメージされる方が多いですが、活法で用いる技術はこれらとは、似ても似つかない、まったく別の技術です。そして、その特徴は、ピンポイントで緊張の出ている一点に狙いを定めて、瞬間的にゆるめてしまうという点にあります。

繰り返しますが、このような技術は、これまで世の中に出回っているどんな技術にもありません。かなり一般的な整体のイメージとは違うので、非常に物理的で論理的な手技であるにもかかわらず、受けた患者さんにとっては「魔法みたい」という印象になりますし、自分が何をやられたのか理解ができないようです。このように、不思議さを感じさせるほどの独自性のある技術があれば、熱烈なファンを獲得することも可能になると思いませんか?

この素晴らしい技術が、一子相伝という形で伝えられてきたために、ほとんど世に知られないままになっているのは、非常に残念なことです。われわれ「活塾」のスタッフは、活法の技術者の輪をどんどん広げていき、柔整界に一大ムーブメント・大革命を起こしたいと本気で考えているのです。

この技術を獲得すれば、腰痛・肩こりの施術で、何をやっていいか困ってしまうなんてことは、あり得ません。施術家にとってこれほど頼もしい技術はほかにありません。マッサージなどの、時間のかかる施術の中に、ワンポイントで取り入れても効果絶大です。ひとつひとつの技術が、短時間で終わるため、プラスアルファの技術として取り入れやすいという特徴があるのです。

これから、柔整業界で、名人として身を立てようとしているあなた!どうぞ、我々活法なかまの一員となって、新しい時代の整骨院を牽引していくトップ施術家としての一歩を踏み出してください!!

どんな状況でも焦りをみせない、抜群の安定感をもつ施術家。格闘技の経験があり、武術的な技術を扱うセンスは抜きんでている。自分の身体感覚から、独自に技を修得するためのポイントを分析し、技術指導のアドバイスに生かしている。また、人当たりのいい性格で、初心者に対して、優しく、根気強く、かつ丁寧に説明してくれる技術指導に定評がある。

私がなぜ活法を必要としたか?それは、痛みをその場で軽く出来る治療家になりたいと思っていたからです。

私が柔道整復師の免許を取得し現場で働き始めた事で、家族や友人達が痛みが出た時に私の所にやって来るようになりました。

私はマッサージやテーピング、固定などをして対応し喜んでもらえましたが、自分の中ではもっと良くならないかと納得できていませんでした。
そんなある日、活法と出会いその技に魅力を感じ是非とも習得したいと活法を始める事になったのです。友人の紹介で活法を知ったのですが、とても有難い縁でした。

活法はあらゆる症状に対応していて、さらにアプローチ方法も1つではなく豊富です。
1つ1つの技にかかる時間は短く、どんな体勢でも施術が可能です。そして症状が改善する確率が高いのです。
活法を使わせて頂く様になり、患者さんが様々な痛みを訴えて来られても症状を緩和できる手段があり、自信とゆとりが持てるようになりました。
患者さんや家族、友人はもとより、街中で痛みの為に歩けなくなった年配の方のお役に立つ事もできました。
活法の手技の完成度を高めるには、繰り返しの努力が必要になりますが、必ず治療のお役に立てると思います。
興味を持って頂いた方は、丁寧に伝えていきますので共にがんばりましょう。

地域密着型の整骨院に勤務し、柔整師の技術に活法の技術を加えることでどのような効果が出るかを、日々冷静に分析しながら、施術に当たる。活塾の中でも随一の豊富な症例に当たってきた経験から、独自の視点で活法の有効性を探求している。日頃は冷静極まりないが、活法の話になったとたんに豹変し、「活法は、技が決まった時に、瞬間的に症状が変化してしまう。その快感を知ったらやめられない!」と、みずからの「活法愛」を語りだすととまらない、熱い一面を持つ。

僕の活法との出会い。

僕は整骨院で働いているのですが、患者さんの痛みをどうしたら、今以上にとれるのか、ということで、日々悩んでいました。

そんな中、専門学校時代の同級生の友達が良い勉強会がありますよと教えてくれたのが始まりです。
初めてワンデーセミナーに参加した時はこんな動きの治療術があるんだ!という驚きがあったのを今でもよく覚えています。

色んな症状に対する技の多さも素晴らしいと思いますし、その中でも特に、腰痛に対する技の多さは実用性も高いと思います。腰痛患者さんが一番多いですから。

僕が活法で好きな点を挙げますね。
それは、この痛みの時はここを見よう!といった風に、治療の体系化がしっかりとされていて、分かり易い点です。
難しい理論とかが必要ですと、僕には理解できませんので(笑)

そして、好きな言葉は、「漠然としたものは漠然とした結果しか出ない。」という、碓井師匠の言葉ですね。ポイントを押さえた治療の大切さが分かります。

今後、接骨院はますます増えていきますので、治療技術がないところはいずれ淘汰されていくと思います。
活法は治療術ですので、痛みの治療に興味がある方、ぎっくり腰でお悩みの方、他の人との差別化をはかりたい方、お勧めですよ!

碓井流活法を指導する団体「古式整体」で学んできた経歴をもつ。自身が技術の習得に苦労してきた経験をいかして、初心者の気持ちになった技術指導を行う、優しく見守るタイプの指導員。

私は印刷会社に勤務のサラリーマンです。
そんな私ですが、活法と出会い、それに魅せられ、気がつけば、随分長いこと活法とかかわり続けてきました。そのかかわりは、今後も終わることはないでしょう。

手に技術を付けたい、という気持ちが事の始まりでしたが、数ある整体法に名を連ねる技術の中で、特に活法が抜きんでて魅力的なのは、治療技術そのものもさることながら、その裏にあるバックボーンの大きさ、人間を理解する上での知恵とでもいうべきものにこそあると感じています。

その例をいくつか挙げるとするならば・・・
「身体の中の正のエネルギー、負のエネルギーのバランスを整える」(陰陽)
「我々は治すのではなく、手伝いをする人、治すのは本人が自分で勝手に治っていくだけ」
「身―心―神の三つのシン」
…etc.
これらの言葉にグッときませんか?
これらは、本質を観る(知る)格言と捉えております。
活法の知恵は深大です。しかもこの知恵は、活法のもつ整体技術を実践する中で、人間のからだの変化を目の当たりにすることによって、理論ではなく、現実に起こる現象として実感できてしまうのですから、これほど面白い勉強はほかにありません!

このように、柔整師でもなく、整体業界に勤めているわけでもない私が、ここまで活法にのめりこむことになるとは、今考えても、まったく不思議なことですが、これもひとえに私自身、活法と縁があったからだと思っております。

これをご覧になっているあなたも!すでにこの時点で活法とのご縁があるに違いありません!!ともに、活塾の一員に加わり、この貴重な技術の妙味を楽しんでみませんか?

美容系の業界に深くかかわっている経歴から、手技のタッチ、力加減など、繊細な部分にまで鋭い批評眼をもち、技術指導を行う。女性ならではの優しさと、技術に対する妥協を許さない厳格さを併せ持つ指導員。

私と活法の出会いは、患者として碓井先生の治療院へ訪れたことでした。
当時私はバセドウ病を患い、首ががんがんに腫れ上がっておりました。

たまたま通っていた鍼灸院から碓井先生の紹介を頂き、
正直最初は半信半疑でしたが、先生からのたった一度の施術で、
首の腫れが少し引き、その様子をみた家族に通いなさいと勧められて、
週一回通うようになりました。

その後、通う度に首の腫れは引いていき、毎週通うのが楽しみになっていったのを覚えております。

そうして通っていくうちに、活法そのものに興味を持つようになり、
以来今に至ります。

当時私は小さな会社を経営しており、整体やマッサージに通う側の人間で、
人の身体を触る仕事には携わっておりませんでした。
しかし患者として先生の所へ通ううちに、だんだん人間の身体に興味を持つようになったのをきっかけに、
看護学校へも通うようになり、それと同時にエステのお店を、まずはオープン致しました。

碓井先生に本格的に学ぶようになってからは、いよいよ身体についての理解は深まり、
エステに加え、ボディバランスケアを行うようになっていきました。

そうこうしていくうちに、私の関心は基本である身体から、その上の"美"に移行し、トータル的に"美"について
取り組んでみようと思うようになりました。

自分の理想とするサロンにもっと近づけるよう、いまだ勉強している毎日ですが、その日々は楽しいです。

私は活法に出会い、自分ではそれまで予想もしていなかった人生が拓けて行きました。
もし今、少しでも活法に興味がおありでしたら、ぜひ習い始めたらよろしいと思います。
そこから思いもしなったことが始まることでしょう。

カイロプラクティックをはじめとして、様々な手技療法の世界を経験し、また、異分野の治療家を一堂に集め、「同輝会」を結成、会長を務めてきた経歴をもつ。PNFストレッチなど、海外から日本に新しく入ってきた当初、いち早くその専門家を講師に招き、セミナーを開催するも、最終的にはすべての手技療法が活法に源流をもつと確信、2万人を超える患者を扱う中から、活法の技法を独自に体系化し、「碓井流活法」を打ち立てた。
活塾で紹介する技術、およびカリキュラムはすべて碓井師が監修している。

現在の口癖は「これよりいい方法を俺はいままで見たことがない。これよりいい方法があったら、俺が教わりたいくらいだよ。(笑)」である。(ちなみにここでいう「いい方法」とは、碓井流活法の「ぎっくり腰施術パターン」である。)

同時に、他の手技療法に対してまったく排他的な態度を取らない、おおらかな態度で理解を示す。「患者さんにとっては、方法なんか関係ない。体が良くなればなんだっていいんだよ。」も口癖のひとつである。

碓井師は、どんな業界の施術家であっても、それぞれがこれまでに貫いてきたスタイル・技術体系の中に碓井流活法を織り交ぜていくことで、それぞれが独自に活法を進化させ、また、それぞれが施術家として輝いていってほしい、スターになってほしい、と願っている。

活塾