セミナーを通じて、柔整師業界にぎっくり腰治療の本格技術を広めていくことを、活塾は目指しています。

サイトマップ

活法の視点から、現代的な疾患の原因と施術のポイントを
解説するメールマガジンを、次号よりお届けします。

活塾のセミナーはぎっくり腰の施術など、ギャラリーさえも驚かせ、うならせる、高い技術を伝授します

最新スケジュール情報

セミナー日程一覧はこちら!>>

お申込みはこちら!

「1Day 活法博覧会」 ベーシックセミナー 受講生より、続々と驚きと喜びの声

ブログカテゴリ一覧

2016年3月の記事一覧

SMTWTFS
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

エントリー

リスト

幻の失われた手技療法、古武術の裏ワザ『活法』。その秘伝がいま、あなたの手に・・・
活塾は新時代を担う柔整師のためにライバルの追随を許さない圧倒的な技術を伝授します。

なぜ、いま柔整師に活法なのか

残念なことに、"柔術"が"柔道"へとスポーツ化したことにより、柔術の裏ワザとして伝承されてきた「活法」は、壊滅的に失われてしまいました。 しかし、本来、活法は柔道整復師受け継がれるべき、お家芸だったのです。せっかく日本の歴史がはぐくんできた宝をみすみす失ってしまうなんて・・・もったいないと思いませんか?

規制緩和により生み出された大量の、柔道整復師(今年は4438人が合格)と、整骨院数(コンビニ店舗数を超えました)。患者さんの奪い合いは今後さらに激しさを増していくことでしょう。また、保険申請が通りにくくなっており、実費診療をはじめなければ、経営そのものが成り立たなくなるのではないかと考える経営者も少なくありません。

独立を目指している人も、そうでない人もこの先、柔整師、あるいは整骨院経営者としてやっていけるのか・・・漠とした不安を感じているのではないでしょうか?この不安を払しょくするために、何か行動を起こしたいと考えているのではないでしょうか?経営術、心理学的な患者さんへのアプローチなども、直近の利益を上げるためには必要なことかもしれません。

しかしその一方で、長い目で、自分自身のブランド力を高めていくにはどうしたらいいでしょうか?治療家としての本分は技術である!これからも技術力をますます磨き上げていきたい!と考えている人もいることでしょう。活塾はそんな柔整師の皆様を技術の面からサポートします!

たとえば、あなたの中にこんな想いはありませんか?

「活法」。その名は手技療法を目指した人なら、だれでも一度は目にしたことがあるはずですが、その実態を知っている人はほとんどいないでしょう。「活法」には次のような魅力的な特徴があります。

碓井流活法の魅力的な特徴

活法は、戦場で負傷した味方を、即復活させて戦列に復帰させるために編み出された技術です。
だから、究極の即効性をもっています。効果は抜群です。
こんな技術を知っている人は身の回りにはまずいないでしょう。
それだけでなく、理にかなった体勢から繰り出される活法のワザは、それ自体が美しくカッコいいのです。だから、見ている人を驚かせ、楽しませ、感動させることができるのです。

活塾が指導するのは、古(いにしえ)の活法ではなく、現代流にアレンジされた「碓井流活法」です。これは碓井誠師が、2万人を超える患者の体を扱うことで、実戦的に確かめられた、効果が確かで、かつ危険がないと断定できる方法のみで構成された技術体系です。
だから、ぎっくり腰の一番つらい時、時期を待たずして、その場で安心して施術をしてあげることができます。それでこそ、患者様からの本当の信頼を勝ち取ることができるのです。

長い歴史の中で、名人たちが編み出してきた技術の集大成である「活法」には、われわれが想像もできないような方法で、思ってもみなかったしょうじょうにアプローチすることが可能です。
たとえば突発性難聴、たとえばばね指、たとえば顔面麻痺、たとえば甲状腺障害などなど、枚挙にいとまがありません。
もちろん、これは普段よく使う技術ではないので、初心者にすぐ教える技術ではありませんが、名人になれば、いずれはここまでできるようになると考えるとワクワクしてきませんか?

ひとつひとつの技術がほんの数十秒で終わってしまう、そして、それを2,3手ほど組み合わせて用いるのが碓井流活法です。
したがって、施術する側も疲労することがなく、受ける側にとっても少ない負担で施術を受けることができます。
さらに、短時間で済む技術であるため、マッサージやストレッチなどの施術をメインにする治療院でも、その中に、自然な流れで混ぜて使うことができます。
そうすることで、従来の施術と一見同じに見えて、まったく違った効果を上げることもできるのです。

旧来の活法は、バラバラな技の集合にすぎませんでした。これらの技を2手、3手と組み合わせることで10倍、20倍の効果があがることを発見したのが、創始者・碓井誠師です。
碓井流活法では、症状を最短で改善するための、必要にして十分な技術の組み合わせ方を教えます。
組み合わせ方まで教わることができるため、施術の現場で迷うことがありません。教わった翌日から、すぐに現場で使えます。

写真は「ぎっくり腰パターン」の組み合わせ例

活塾はこんな人にオススメです!

すでに独立している人や、これから独立を目指している人で、他の整骨院とは違った技術で、特色のある整骨院をつくりたいと考えている方

独立は考えていないが、同じ院内で働く同僚に負けるのが悔しい。一目置かれるような、あっと言わせる技術がほしいという方。

西洋医学や解剖学的なアプローチはすでに似たり寄ったりで面白みを感じないし、それでは対処しきれない症状がたくさんあることに限界を感じている方

誰も使っていないような、使う施術者も、受ける患者も、またそれを周りで見ているギャラリーをも喜ばせるようなアピール性の高い技術を学びたい方

技術を学ぶことに、驚きと喜びを求めている方。探求心が旺盛で、新しい概念に触れることが楽しくてしょうがない方。

こういうとき、どうしたらいいの?の疑問に答えてくれる人が身の回りにいなくて困っている方。ひとりで悶々と悩みを抱えて日々仕事をしている方。

自分は不器用で、ひとつの技術を覚えるのに時間がかかったり、センスを要求されるような技術を習得するのに自信がないと感じている方。
>活塾のセミナーは一味が違うをご覧ください

今や柔整・整骨院業界は、未曽有の淘汰の時代に突入しました。
保険のバックを頼りにしていては経営が成り立たない時代が、すぐそこまで近づいてきています。
そんな中求められるのは、ずばり、技術力です。
これまでであれば、サービス、接客、リラクゼーション効果などの付加価値によって、
お客様をひきつけることも可能であったかもしれません。

しかし、もうそれは過去の話です。これからは、その場で、目の前で、患者さんの症状を瞬時に軽減させる、効果が明確な治療術で、患者様に喜びと驚きを与え、放っておいても信頼されてしまう、そんな圧倒的な技術力が不可欠です。

しかし、「世の中、そう簡単に、そんな都合のいい技術が見つかるわけがない」
というのも事実です。
ところが、あなたが今、門をたたこうとしている活塾にこそ、「そんな都合のいい技術」
があるのです(笑)。どうぞ、この運命を見逃さないでください、と心より願うばかりです。

これをご覧のあなたも、〝活法なかま"の一員に加わり、まぎれもない本物の治療術を、自らの手で施すことの喜びと快感をかみしめながら、この職業に就けたことを心よりうれしく思う日々を送ってみませんか?

活塾のセミナーは一味違う!

これをお読みの柔道整復師の皆様は、専門学校で学び、国家試験に合格し、そして就職先を決めて実際に働き出した時、本物の患者さんを目の前にして、何を思ったでしょうか?

「ついに望んだ仕事をはじめることができるぞ!」という喜びもあったでしょう。しかし、多くの方は、悩み、困ったのではないでしょうか?

それは、「何をやっていいかわからない」からではなかったでしょうか?
それはすなわち、専門学校では「使える技術」を教えてくれなかったということにほかなりません。

これが、技術顧問にして
碓井流活法創始者・碓井誠師の言です。

このようなことを、口を酸っぱくして言う技術顧問のもとで立ち上げられた、われわれ「活塾」では、理論や知識よりも、何よりもまず、「使える技術」を学んでいただくことを重視しています。

理論や知識は技術が使えれば、あとから自然と身につきます。
大事なことは、患者さんに対して、何をすれば、どのような症状が改善するか、その具体的な方法なのです。

ところで、巷の安価なセミナーは、仮にそのような現場で役立つ技術を教えてくれているとしても、せいぜい紹介する程度で終わってしまっているのではないでしょうか?

「活塾」では、使えるように繰り返し練習していただくところまでを、セミナーのカリキュラムに含めています。

「ワンデー」を除く、メインのセミナーは2日間という実に限られた日程でありながらも、その2日間の間に習得するのに無理のないように、技の手数を詰め込みすぎず、不足もない、10手ほどの、組み合わせてセットにして使うと効果のある手技を厳選し、手技の紹介よりも、その練習時間に重きをおいて、たっぷりとした時間の中で無理なく技術を修得していただきます。

「不器用な人ほどうまくなる」をモットーに、練習時間を組み立てているので、どうぞ大船に乗ったつもりで、セミナーにご参加ください。講師陣もみな、どちらかというと、不器用で苦労してきたメンバーがそろっています(笑)。だから、親身になってコツをアドバイスしてくれます。

ただ単に、練習をさせるというのではなく、その間、近くで指導員が練習の様子をしっかりと見守り、より短時間で上達するように的確なアドバイスをさせていただきます。そのため、少人数制クラスを編成し、指導員が生徒に対して、ほぼマンツーマンの状態でつきっきりでアドバイスしていきます。活法の技には易しく見える技ほど難しいということがよくありますので、自己流の間違えた技術に陥らないためにも、このような少人数制を採用しております。

このように、受講生ひとりひとりに徹底した指導時間を割いていくため、一般的なセミナーに比べると受講料が高額になっていることをご了承ください。しかし、一般的なセミナーを10回受けるよりも、当セミナーを1回受けた方が、確実にお得であることはご納得いただけると確信しております。どうぞ安心してご参加ください。

以上のような、豊富な練習時間と徹底的なコーチングによって、2日間のセミナーを受けた翌日から、すでに学んだ知識をどんどん現場で使える状態になります。

しかしながら、職場の勤務体制などの関係で、たまたま、セミナー後に腕を振るうチャンスが少なく、結果として、学んだ記憶が薄れていってしまうというケースも考えられます。

また、セミナー直後からどんどん実戦で使っていくとしても、知らないうちに、
技の形が崩れてゆき、自己流に陥ってしまうという可能性も考えられます。

これら、セミナー後のお悩みに対して、「活塾」では次のようなフォローを実施しております。

① 無料にて復習用DVD+テキストをお渡しします。

技の形を確認するのであれば、これで十分です。単純に「どんな技だったっけ?」とか、「この技と、この技は、どういう順序で組み合わせるんだったっけ?」といた疑問はこれで解決できます。
しかし、映像では伝わり切らない、力の加減であるとか、力の方向性といった部分については、「もう一度、指導員によるコーチを受けたい!」というご要望も、たとえばセミナー終了後、何か月か経つと出てくることもあるでしょう。そのような方のために、

② 初回受講料の9割引(10分の1)の料金で実施する、「復習セミナー」を開催します。

他のセミナーと同様、その都度、「活塾」より、開催日時が決定しましたら、ご案内をさせていただきますので、ご興味のある方は、お問合せください。

長文、お付き合いいただきありがとうございました。
ここまでご覧になった感想はいかがでしょうか?

われわれ「活塾」の願いは、柔道整復師の皆様ひとりひとりが、

・患者様の症状の改善をするために、真に有用な、「その場で効果の現れる技術」、「使える技術」を提供すること、
・そのために、技術を紹介するのではなく、練習していただくこと、
・そして、その技術を持ち帰った先で実際に使って、喜び、驚いていただくこと。
・それを受けた患者様が心からの喜びを得ること
・付け加えるならば、その喜びの報告をいただいて、われわれも、ますますこのセミナーを開催することの喜びを増幅させること。

なのです。

教えて終わりではない!活法を使い続ける限り、受講してくれたすべての皆様とずっと仲間でいたい!そして、常に現場で活法を使うことの、有用性と喜びを分かち合い、その喜びがどんどん広がっていき、やがて、世の、悩み続けている柔整師たちへと、さらに活法の輪が広がっていってほしいと願っているのです。

はっきりいって、この活法のもつ効果は、他の技術とは次元が違います。これをご覧の皆様も、この素晴らしい活法の輪の一員に加わり、柔整という職業が、真に患者様の症状の改善に向かわせる、治療効果の高い、誇り高き職業として、ますます社会的な地位を高めていく、その先駆者とならんことを心より願っております。

活塾

受講生より驚きと喜びの声

整体セミナー活法 東京都世田谷区 その場で身体に変化が出る整体

先日開催した、碓井流活法ワンデーセミナー。

参加者の皆様ありがとうございました。

まだ、増設した次の日曜日に残席がありますので、気になる方は是非お申し込みください。


それでは、先日のセミナーでいただいた受講生からの声をお届けします。

瀬野先生ワンデーアンケート.jpg
Q1.実際に受けてみてどんな収穫がありましたか?


その場で身体に変化が出て、不思議でおもしろいです。



特に、ワンデーセミナーでは、見て面白い技を重視して、皆様にお見せしています。

面白さだけでは治療できませんが、

面白さをもっていることで、患者様の心をつかむことができ、

治療に弾みをつけることができます。


また、面白いというのは、
効果が体感できるから面白いのであって、

決して単なるエンターテインメントにとどまりません。

現に、身体に変化を起こす、実際的な力をもった技術なのです。


Q2.今日のセミナーの中で、一番驚いたことを教えてください。

自分が体験して可動域が大きく変わったこと。



これを体験してもらえるのが、ワンデーセミナーの醍醐味です。活法に益々興味が湧いてきます。



Q3.今日のセミナーの中で、一番面白かったことを教えてください


皮膚をさわっただけでも変化が出たこと。


活法では、皮膚接触は神経の調整を目的としています。

神経に対する調整でも、その場での可動域を変化させることができます。


Q4.これまでに活法に対していただいていたイメージは、このセミナーを受けてどのようにかわりましたか?


自分が体験してみて、もっと深く知りたいと思いました。


是非、詳しく勉強しに来てもらいたいと思います。まずは、ベーシックセミナーからのご参加をお願いしています。

今後のベーシックセミナーのスケジュールはこちらをご覧ください。



Q5.このセミナーで学んだことの中で、今後のあなたの施術に、すぐに生かしてみたいことは何ですか?



膝痛への技

耳をひっぱる技。


膝痛への技というのは、「腓骨あげ」といって、膝をささえる土台になっている、脛骨と腓骨のうち、

日常的な負荷によって下がってきてしまうのは、腓骨の方なのです。


というのも、人間の体というのは、たいてい日常の負荷によって、外側が落ちていくことが多いからです。


たとえば、肩甲骨も、外に開いて、下に落ちるというのが、肩こりの方の特徴です。

したがって、膝の土台であれば、腓骨が落ちていくのが普通なのです。これに上がるエネルギーを与えてあげると、膝の動きがスムーズになります。

膝痛もこれで取れることがあります。




耳を引っ張る技というのは、「UFOキャッチャー」といっている技術で

頸椎の回旋可動域を改善するのと同時に、脳への血流をアップさせ、さらに、頭の重さを軽く感じさせるという、

一石三鳥のすぐれた技なのです。


これを、肩こりの仕上げに使うと非常にいいですね。

頭の重さが軽く感じるだけでも肩こりがスッキリした印象になります。



2016年 03月 31日

続きを読む" 整体セミナー活法 東京都世田谷区 その場で身体に変化が出る整体 "

東京整体セミナー瞬間調整が気持ちいい碓井流活法

活塾代表の村山です。

ご好評いただいております、活塾ワンデーセミナー。
このメルマガをご覧の方も多数ご参加いただき
ありがとうございました。


前回のワンデーセミナーの受講生の声を
ご紹介したいと思います。

こちらの受講生の方は、
実業家であり、社長さんでありながらも

仕事の時間外で、コツコツと整体の施術を
続けておられる、職人肌の先生です。


技術に対する好奇心が旺盛で、
だからこそ、うちのような小規模団体の
セミナーにも顔を出してくださったのですが、


勢いに乗っている、西海先生の活法DVDを参考に
活法についても、現場で試して使っておられるようです。

また、こちらも勢いに乗っている大規模団体
DRTの技術にもお詳しいようですね。


ただ、DVDでは技術の本質は伝わりにくいですね。
だからこそ、実際にリアルのセミナーで
活法を見たいと思っていただいたのだと思います。


とても気さくな方で、今回のセミナー参加者の中で
最年長。社長の風格で、全体を和やかなムードに
していただきました。

おかげ様で、主催者の私も、リラックスムードで楽しく
やらせたいただきました。

乗せられて、いつも以上にたくさん技をお見せしちゃいました☆





そんな、受講生の方からいただいた一言は

「瞬間技が気持ち良い」

「益々良い手技だと確信しました」

「明日からすぐに使わせていただきます」


と、大満足のご様子でした。

私もこのセミナーで全力を出し切った甲斐があり
嬉しかったです。



それでは、アンケートにお答えいただいたので、具体的な内容を
ご紹介したいと思います。

森内先生ワンデーアンケート.jpg


Q1.実際に受けてみてどんな収穫がありましたか?

現在の手技に一手のプラスだけでも心をつかめると思いました。

代表 村山より一言コメント。

活法の魅力は、技術の引き出しの豊富さです。
あなたが今、何か、メインで使っている整体法をお持ちであれば、
それに混ぜて使うことで、一層効果を高めることができる、

そんな便利な技の引き出しが活法の中に必ず見つかります。



Q2.今日のセミナーの中で一番驚いたことを教えてください。

瞬間技が気持ち良い。
一瞬で変化すること。

代表 村山より一言コメント。

ワンデーセミナーでは、特に意識的に
一手で変わる技術ばかりをお見せしています。

それは、何よりも活法の面白さが伝わるからです。

そして、興味を持ってもらいたいからなのです。

たとえば、今回はどんな技術をお見せしたのかというと

・仙骨の瞬間的な骨格調整

・頸椎の回旋可動域と脳の血流の改善を同時に行う、耳を利用した調整。

・股関節の左右の筋力差を一瞬の脳への刺激で整える調整

・フローズンショルダーに有効な、肩関節の瞬間調整
(腕が90度より上に上がらない相手にも、十分に使える)

・サポート系の技術。(相手の動きを邪魔しないように
手を添えてあげると、思わぬところまで可動域が改善する)

・肘に伸反射のショックを入れる調整。
(精髄反射を利用することで、脳に信号が達するよりも早く
筋肉が反応し、緊張が緩む)

などなど。



ちなみに、これらは、派手な技ばかりですが、

実際には、地味で泥臭い技術もたくさんあります。
それに、そういう泥臭い技を使いこなすことが
本当に、体を変えていくためには必要になります。

ただ、それはパフォーマンスにはなりにくいので、
実際にベーシックセミナーを受けていただく際に
しっかりと教えていく方針です。


Q3.今日のセミナーの中で一番面白かったことを教えてください。

特別なことをしなくても変化を出すこと(触るだけ)

代表 村山より一言コメント。

これは、「皮膚接触」を利用した、瞬間可動域調整ですね。
皮膚接触は、神経に作用します。
パフォーマンスとしては面白いので、患者さんを驚かせるのには
有効ですが、
これだけで痛みが取れるというわけではありません。

しかし、面白い技ですね。

ワンデーセミナー向きの技だといえるかもしれません。

治療の現場に活かすのであれば、
きちんと泥臭い治療術をひとしきり使ったうえで、
最後の仕上げなどに付け加えると、いいですね。



Q4.これまでに活法に対して抱いていたイメージは、このセミナーを受けてどのように変わりましたか?


益々良い手技だと確信しました。

代表 村山より一言コメント。

これは、すでに活法をDVDを通じてご存じだった方ならではのご感想ですね。

しかし、DVDで見る以上のものが伝わったのだと思うと
リアルのセミナーをやっていて、本当に良かったなと
自分でもやりがいを感じます。







これをご覧の、活法にご興味のある方々も、是非一度
ワンデーセミナーに顔を出してみてください。

パフォーマンスを見に来るつもりで
気軽に楽しんでいただければいいのです。
是非お申し込みください。

↓↓↓


2015年度最後のワンデーセミナーの日程、
お申し込みはこちらから。




2016年 03月 31日

続きを読む" 東京整体セミナー瞬間調整が気持ちいい碓井流活法 "

東京活法整体セミナー・ぶれない経営軸をつくりたい整骨院オーナーの声

先日、日曜日に開催したワンデーセミナー
好評のうちに終了いたしました。

今日はその受講生の声から、面白い内容を
ピックアップします。


関節の可動域を改善するための
有効な方法のひとつに「牽引」があります。

牽引の重要なポイントは、
相手の筋肉に反発が起こらないように引くことです。


こちらが、相手を一方的に引っ張ろうとすれば
必ず、相手は引かれまいとして抵抗します。

無意識のうちに。

では、どうしましょうか?


こちらが引くのではなく、相手に引かせるのです。

これに加えて湖低(こてい)に引く

という技術を併せて使うと効果的です。



こんな牽引術を早速、明日から試してみたい!
と、アンケートに書いてくれたのは、


これから、整骨院の経営軸を統一していくために、
院の軸となるような治療術を手に入れたい!

と考えている、整骨院のオーナーさんです。
小曽根先生ワンデーアンケート.jpg

活法を学びにくる方が、共通して持っている目的意識は
今の自分がもっている治療術とは、明らかに異質な

新しい治療術を手に入れること。

それによって、これまでにもっていた技術もさらに輝きを増す。

そんな、相乗効果を生んでくれるような
今までに見たことのない、新しい治療術を手に入れること

といっていいと思います。


ワンデーセミナーの中にも、翌日から即使ってみたい!と思うような
治療のヒントをたくさん受け取ってくれたようです。

具体的にアンケートの内容を見ていきますと



質問1:実際に受けてみて、どんな収穫がありましたか?

色々な角度から体を診る→様々な手技を用いての施術

自分が行ってきた施術と違うことでいい刺激を受けました


質問2:今日のセミナーの中で、一番驚いたことを教えてください

短い施術で効果を出すところ


質問3:今日のセミナーの中で、一番面白かったことを教えてください


実際、受けてみて良くなっている実感を持てたこと


質問4:これまでに活法に対して抱いていたイメージは、このセミナーを受けてどのように変わりましたか?

以前→術者が一方的にやるのかと思っていた

今日→患者さんもう動きを入れる(互いにやるようなイメージ)


質問5:このセミナーで学んだことの中で、今後のあなたの施術に、すぐに生かしてみたいことは何ですか?

牽引→術者が引っ張るだけではなく、患者さんが自分自身でも引っ張ってもらうやり方をためしてみたい



ワンデーセミナーは、どちらかというと、学ぶというよりも
活法を知ってもらうための、体験会という位置づけですが、

それでも、これだけのことを感じて、持ち帰っていただけるんですね。

翌日からすぐに使いたいことも出てきます。

活法にご興味のある方は、是非一度ご参加ください。
その目で活法の真価を確かめてください。


次回のワンデーセミナー日程
2015年9月13日(日曜日)
2015年9月20日(日曜日)

両日ともに時間は16:00~19:00
(終了後、希望者参加の懇親会あり)

場所は東京都世田谷区、下高井戸駅から徒歩20秒
中真整体院にて。

ワンデーセミナーのお申し込みはこちらから!
↓↓↓




2016年 03月 31日

続きを読む" 東京活法整体セミナー・ぶれない経営軸をつくりたい整骨院オーナーの声 "

一瞬で筋肉が緩む技。東京世田谷の活法ワンデーセミナー

柔整師のための活塾ワンデーセミナーを受講した

高橋先生の感想をご紹介します。

このセミナーを受講することで、
このような体験をすることができます。
参考にしていただければ幸いです。




質問1:実際に受けてみてどんな収穫がありましたか?

今の治療にプラスで知識が増え、
誰でもやれる技ばかりなので良かったです。


代表村山よりコメント

「誰でもやれる技」というのがポイントです。
天才しかできない技ということでは、学んだ側が困ってしまいます。

やはり、技術はシンプルがベスト!
特に、初心者の方には、再現性の高い技を
優先的にピックアップして教えていきます。



質問2:今日のセミナーの中で、一番驚いたことを教えてください。

一瞬で体が柔らかくなったり、筋肉が緩んだりする技がすごかったです。


代表村山よりコメント

そう。活法の強みは、瞬間的な筋肉調整にあります。
骨格的なバランスを調整するうえでも
筋肉調整は絶対にセットにしなければなりません。

そうでないと、せっかく骨格を調整しても
筋肉の緊張で引っ張られて、もとに戻ってしまうからですね。

だから、瞬間的で効果の高い筋肉調整。
これこそが、王道なのです。
活法にはそのような筋肉へのアプローチ法が満載です。



質問3:今日のセミナーの中で、一番面白かったことを教えてください。

UFOキャッチャーの技で、頭が軽くなるのが面白かったです。


代表村山よりコメント

これは、肩こりベーシックセミナーで学んでいただく、最も評判のいい技です。

とても面白いんです。

施術する側も、受けた側も楽しめます。
あっという間に、首の回旋可動域が上がるだけでなく、

脳への血流もアップしますので、肩こり調整の仕上げに最適です。



質問4:これまでに活法に対して抱いていたイメージは、このセミナーを受けてどのようにかわりましたか?

とても難しいイメージですごい人にしかできないイメージでしたが
誰でも手軽にできる(というイメージに変わりました)



代表村山よりコメント

まずは、簡単だと思えることが非常に重要です。
難しい、難しいと思っていてはいつまでたってもできるようになりません。

わかりやすく、解説を加えているので、
見た目には驚きの技でも、合理的で
無理のない技であることがわかってもらえるのです。

ただし!
実際には、易しく見える技ほど、完璧に決めることが重要。
きちんと練習しないと、患者さんに対して説得力のある技術にはなりませんよ~(笑)



Q5.このセミナーで学んだことの中で、今後のあなたの施術に、すぐに生かしてみたいことは何ですか?


UFOキャッチャー、腰痛の改善の技



代表村山よりコメント

UFOキャッチャーは、ベーシックセミナーで
しっかり練習しましょうね!



これが直筆の原文です

高橋先生ワンデーアンケート.jpg



セミナー終了後、全員で記念写真
はい!チーズ!



DSC03347.JPG


2016年 03月 31日

続きを読む" 一瞬で筋肉が緩む技。東京世田谷の活法ワンデーセミナー "

柔整師のための活法整体セミナー、ベーシック講座修了生の喜びの声

◆腰痛パターン誕生秘話
ーーー碓井流活法黎明期
======================


活塾、技術顧問の碓井誠師は

もともとカイロプラクティックの

アプライドキネシオロジーを
メインに使って治療に当たっていたのだ
そうです。



しかし、
実際のカイロの現場では

急性期のぎっくり腰患者さんに対して


「歩けるようになってから来てください」
と言って

本当に痛くて困っているそのときに
骨格の矯正では力になってあげることが
できないでいる現場に

疑問を感じていたそうです。






そんな中

活法に出会い


そして、

筋肉調整を根本に据えて
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

活法の断片的な技術を
いかに組み立てるのかを

研究していった結果


筋肉の調整を使えば、
急性期のぎっくり腰患者さんに対して

その場で、
痛みをやわらげてあげることができる!

明らかに患者さんの動きが

入ってきたときと、帰るときとでは
まるっきり変わってしまう!


そんな、ぎっくり腰施術パターン
というものを完成させるに至り


ますます、筋肉調整の重要性に
確信をもっていったのです。




この、ぎっくり腰施術パターンは
慢性腰痛に対しても、文句なしに
有効であるため


今では、
「腰痛パターン」と名前を変えて、


我々【活塾】セミナーでは
腰痛ベーシック編にて伝授しています。



◆通称「UFOキャッチャー」
========================


ベーシック編には腰痛のほかにも
肩こり、膝痛の2講座が設置されており


以下にご紹介する動画では、
ベーシックの全3講座を受講し終えた
整体の先生が、


このセミナーで学ばれた中で
印象の強かった手技・技術について
語ってくれています。


各セミナーでは10手の技術を
学んでいただいておりますから、

この先生も、3講座合計で
30手の技術を学ばれましたが、

その中でも印象深いものだけを
語っていただきました。



特に、肩こりの患者さん使って
多くの受講生から好評の

「UFOキャッチャー(通称)」

という面白い技があります。


この技の特徴は

・目に見えて、首の回旋可動域が広がる
・脳の血流が上がる
・頭の重さが軽くなる(無重力化)


と、肩こりの患者さんにとって
嬉しい要素が満載です。


受けた患者さんも
面白がってくれることが多いですね。




◆ご紹介する動画では
====================

この動画では、ベーシック3講座を
受講した先生が


この撮影を行った当日に受講した
膝痛ベーシックセミナーについての感想


それから、

以前に受講した
肩こりベーシックセミナーの技術を、

実際の患者さんに使ってみたときの
エピソード


活塾のセミナーのおすすめのポイント

などを語ってくれています。


どうぞご覧ください。




2016年 03月 31日

続きを読む" 柔整師のための活法整体セミナー、ベーシック講座修了生の喜びの声 "

活法:セミナーに参加しないと見えてこない、DVDでは得られない価値とは?=コツをつかむ!


この記事では、

腰痛・肩こり・膝痛のベーシック3講座すべてを修了した

受講生の喜びの声をご紹介します。

以前、別の記事でもご紹介したことのある

PT・柔整師、2つの資格をお持ちの方です。



原文は一番下に掲載しました。

ここでは、主要な部分を抜粋して
一緒に見ていきましょう。






◆特に気に入っている技は?(Q1、Q2)


この受講生は、

活法の中で特に気に入っている技として
挙げてくれたのが


「とおし」と「肩の無重力」



でした。

これらの技を

勤務先で使うときには

一通りの調整を、従来の施術法で行った後

最後に、軽い仕上げとして使うのが
お気に入りのようです。



活法でない施術の最後に
活法で一手付け加える


こんな組み合わせ方で、
従来の施術により一層の満足度を
付加することができるんですね。

たとえば、従来の施術で
90%くらいの満足度があったとすれば

それを95%に変えるだけでも、

患者さんからすれば
かなり大きな違いに感じられるものなのです。


こんな、「仕上げの一手」が
ふんだんに用意されているのも
活法の大きな魅力ですね。


全部学べば500手以上!
手数の多さは伊達ではありません。

大技から小技まで一通り
取り揃えています。


(注意:ベーシックセミナーでは
1講座10手、3講座合計で30手しか学びません。


なぜなら、いっぺんに学びきれるほど
甘いものではないからです。

かえっていっぺんに学ぼうとすると
どれも結局身につかず

セミナーを受けたメリットが
ほとんど感じられなくなってしまうからです。)




◆ベーシックセミナーを受けに来る価値(Q3)
DVDでは得られないものとは?

また、「このセミナーを受けて良かったこと」に対する
答えとしては、

非常に示唆に富んだ回答をしてくれています。


抜粋してみると

「活法は見た目は簡単そうに見えるが

実は細かい「コツ」があり

DVDだけでは得ることができないものを
得ることができます。」


ここは、言われてみれば当然のことなのですが

セミナーDVD全盛期の昨今
忘れられがちなところだと思います。


DVDで、どれだけ正しい技術が身につくのかといえば、
これははっきり言って相当疑わしいものがあります。


皆さんは、ゴルフだのサッカーだのといった
スポーツの技術をDVDやビデオ教材で

学ぼうとしたことがありますか?


これは、実際、相当難しい勉強の仕方です。



活法もまた、スポーツと同じです。

インストラクターに直に見てもらい

自分の問題点や癖を指摘してもらい、

さらにそれが修正されるまで
しっかりとコーチしてもらってはじめて


これまでの自分にはできなかったことが
体得できるのです。


もう一度いいます。

「活法はスポーツです」


お気づきだと思いますが、
ひとつひとつの手技を、「わざ(技)」と
表現しています。

つまり、武道やスポーツと同じことなのです。



だから、反復練習も必要だし、
直接コーチしてもらうことも必要なのです。



◆フレンドリーで盛り上がる

これも、多くの受講生からの共通の感想なのですが

とにかく、少人数制の中で、

講師と受講生が密接した距離感の中教えていくので


やっていると、自然とフレンドリーな雰囲気になっていきます。


リラックスして学べる。

それによって、学んだものがスッと頭の中に
入ってくる。


ガチガチに緊張しているよりも
学びやすい環境を整えてお待ちしております。

受講生の声:DVDでは得られないもの.jpg

2016年 03月 31日

続きを読む" 活法:セミナーに参加しないと見えてこない、DVDでは得られない価値とは?=コツをつかむ! "

ベーシックセミナー受講生がリアルぎっくり腰で、本気の碓井流活法整体を受けてみた!

 つい先日、腰痛ベーシックセミナー受講生で

 PTとしてご活躍の若手施術家が


 なんと・・・自ら、かなりヤバいレベルのぎっくり腰になってしまい、

 わたくし、代表の村山が一人でやっている施術院に、

 施術を受けにやって参りました。




 施術後から翌日にかけて
 症状が良くなっていく過程を、

 自らの日誌につけていたそうで、

 お礼の言葉とともに、メールで送ってくれました。


 PTの方は、非常に勉強熱心で解剖学的には

 本当に細かいところまで熟知していらっしゃる。


 そんな方から見て、

 いかに活法の腰痛パターンがもたらす効果が

 不思議に思えるのかが、よく伝わってきて

 読んでいて興味深かったので


 読者の皆様とシェアさせていただきますね。


 ===================
 以下、PTの方が、腰痛パターンを受けた後の
 経過を書いた日誌↓↓↓


 2014 10/4
 ぎっくり腰 手技療法の真髄
 ==========================


 久々にギックリやってしまいました。

 今回が二回目...
 昨日から腰に違和感があり、
 おじいちゃんの様な歩行に、

 その夜、起居動作困難に。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 この時点でNRS7程度。

 (NRSは、考えうる最大の痛みを10とすると、
今の痛みはいくつくらいですか?というものです)



 ◆AM8:00
 そして、おとなしく就寝して迎えた本日、

 痛みでなかなか起き上がれずNRS8に、


 仕事を休むことも考えたが、
 2W以上前から予約している患者さん20名近く、

 仕事を休んできてくれる人もいる。


 約半数は片道1h以上の道のり、
 痛みを忍んで来てくれている。

 さすがに休んだら、もう患者に顔向けできない。


 痛み止めを飲み、コルセットでガチガチに固め、
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 業務開始。


 なんと脂汗をかきながら午前中終了。

 昼休み、仮眠を取り、いざ午後のリハビリに



 ◆PM14:30

 ぬ!!!起き上がれない!
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 この時点でNRS10に


 立ち上がるまでにスタッフの介助を借り、
 5分近くかかる状態。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 強力な痛み止め、コルセット、

 そして脳内麻薬をMAXにして午後の業務へ!


 なんとか激しい痛みを堪え、

 乗り越えた痛みは麻痺して動けるようになっている。



 前回のぎっくり腰では10日で痛みがなくなったが、


 これは仕事も学校も休み安静にした状態での場合であり、

 今回は、前回より症状も重症で、体を酷使している。
 つまり誰もが悪化することを想像するはずだ



 なんとか、少しでも楽にできればと、

 たまに勉強に行かせて頂いている
 世田谷の某所にある整体院に向かった。

 (↑これが、村山の整体院です)

 筋肉に対する治療がメインで患部を触ることもない、
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 安全な整体である。



 ◆PM21:00
 そして施術後...

 楽になった感じはした、

 しかし痛みが麻痺した状態だったのでなんとも言えない状態...



 帰りの電車で、
 コルセットなしで帰ってみたが痛くない。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 数分座った後の立ち上がり動作、

 来る前は薬を飲んでいたときであっても痛くて、

 激痛に慣れて動き出すまでに数分かかっていたが、


 施術後これも痛くない!
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


 乗り換えが数本あったため、

 何度もそのようなシチュエーションがあったが
 大丈夫である。


 歩行、階段昇降も通常通り可能。



 ◆PM22:00

 帰宅し、もっとも怖かった寝返り動作、

 そして疼痛によりできなかった腹臥位の姿勢。

 ほぼ痛みなく可能。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^


 キツネにつままれたような気分である。
 ==================================


 楽になったのはさまざまな要因がある、

 しかし整体の貢献によるものが大きいことは否定できない。


 これらのできごとを
 科学的に解釈できる理学療法士がいるだろうか?

 少なくとも私は知らない。

 しかし、このような結果が存在するのは事実であり、

 こういった部分にこそ真理があるのではないだろか?


 そして理学慮法士(徒手療法)は

 エビデンスがないという一言で、
 それらの事実を一蹴してしまってもいいのだろうか?


 整形外科分野、とくに外来では結果が全てであり、
 患者が次回来てくれる保証はない...


 私自身、
 患者を治すためには1%の可能性でもあれば、しがみつくし、
 手段を選ばない。

 もちろんその代りに解剖・生理、機能解剖といった

 体の原理・原則は誰よりも勉強に尽力しているつもりだ。



   ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


 ということで、

 いかがだったでしょうか。


 最後は、若手の施術家らしい気概を感じる
 一文で終わっております。


 まあ、一言でいうと不思議なんですね。

 碓井先生は、
 不思議なものは不思議なまま残しておくことも

 大切だといっておられます。

 なぜなら、
 「その方が面白いじゃん?」・・・だそうです。


 とはいえ、碓井先生ほど施術の原理を
 明確に説明する人も、珍しいと思います。


 解剖学的な説明ばかりということではなく、

 時に、解剖学、時に心理学
 時に脳神経科学

 また、時に、科学を超えた人間考察

 そういったものをすべて総動員して、

 一番、
 施術家の意識の焦点を明確にするような
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 説明の仕方をするんです。


 碓井先生いわく

 「小学生にでもわかるような説明でないと
 本当にわかったことにはならない」

 だそうです(笑)



 ちなみに、この文章を書いてくださった受講生は、

 次の腰痛ベーシックに再受講をしにやってきます。


 ど素人でもすぐに結果ができるのが
 腰痛ベーシックセミナーですが

 しかし、それははじめのうちは、完成度50%程度。

 そこから、極限まで100%に近づけていくことによって

 どんどん、あり得ないような効果を出すことが
 できるようになっていくのです。


 そういう意味では、活法は

 初心者に優しいうえに、

 一生を通して、どこまでも完成度を高めていける
 面白さもあるんですね。


 再受講ご希望の方も、
 どしどしご応募お待ちしております。

2016年 03月 31日

続きを読む" ベーシックセミナー受講生がリアルぎっくり腰で、本気の碓井流活法整体を受けてみた! "

ぎっくり腰にその場で効果が出せる技術を、2日間でお持ち帰り!活塾・碓井流活法整体セミナーfor柔整師・鍼灸師

われわれ、活塾=柔整・鍼灸師のための碓井流活法整体セミナーは、

技術を教える、ではなく、技術を使えるように指導する


ことをモットーとしています。

技術の方法論や、理論だけ学んでも、すぐに、施術の技術につながりません。

そんなセミナーでは、受けても、何か、奥歯にものがはさまったような、
かゆいところに手が届かないような、そんな思いがするものです。

皆さんも経験ありませんか?



私たち、活塾では、技術をその場で使えるように
なってもらうためのセミナーを構築しております。


そのために、次の点に気を付けています。


「理論がわかることよりも、技術を使えるようになることが大事」
(理論は、技術が使えるようになってから、あとづけで学んでも支障はない。まずは、技術を使ってもらって、活法の良さを実感してもらうことの方が重要である。)


「少人数制」
二人1組で練習してもらうとして、
最低でも、2組につき、指導者が一人はつけることが
目安。


「最高に使用頻度の高い技、有用な技を、できるだけ、少ない数にしぼって教える」

(活法の技は、すべてを数え上げると、優に500手を超えます。
その中でも、現代の柔整師が、職場において、高い頻度で使用でき、
なおかつ、患者さんにも高い確率で喜んでもらえる、

いわば、もっとも飯の種として有用な技術から
優先して教えていくことを念頭に置き、
カリキュラムを組み立ててあります。)


そんな、活塾の腰痛ベーシックセミナーを受講してくれた
受講生の声をビックアップして
以下に掲載します。



今回ピックアップしたのは、
PTと柔整師のダブル資格をおもちの
受講生の声です。

志高く、自分のスキルアップにつながる、
レベルの高い職場を探した結果、
千葉県に移り住み、そこの整形外科に
勤めていらっしゃいます。


そこでは、特に、膝痛患者さんから
注目が集まっているそうですが、

今回は、ちょうど腰痛ベーシックセミナーが
開講されたタイミングでのお申込みでしたので、

膝痛セミナーの受講は、
またいずれ、別の機会を待ってくださっている
状況です。


では、セミナーを受けた喜びの声を
見てみましょう。


Q1.このセミナーに参加しようと思った動機・理由は何ですか?

急性腰痛、または非特異的な腰痛に対する治療を確立させようと思い、
さまざまなホームページや本を探している中で
一番自分にあっている手技が活法であると感じました。


Q2.このセミナーで学んだ技術を、今後あなたの仕事の中でどのように生かしていきたいですか?

現在の自分の施術にプラスアルファとして加えていきたいです。


Q3.このセミナーの中に参加して、一番よかったと思うことはどんなことですか?

アットホームな雰囲気でなんでも気軽に聞けること。

(患者さんに対して、施術を行っているときの)声掛けや気遣いなど、
実際のセミナーでないとわからないことを
知ることができた。

(註:活法の技術には、患者さんに自分で動いてもらうような
施術が多くあり、どのような説明で
患者さんに動き方を支持するかが、
施術をスムーズに行うために、重要なポイントになります。)


Q4.これを見ている、活法に興味のある方に向けて、活法の魅力を一言お願いします!

シンプルであるけれど奥が深い手技と即効性。




・・・いかがでしたか?

多くの流派にわかれる活法の中でも、
碓井流活法の真骨頂といわれるのが、
この腰痛ベーシックセミナーで扱っている
ぎっくり腰施術パターンです。

慢性期の腰痛にも有効ではありますが、
これを使って、もっとも驚きを生むのは
急性期。


一般的な施術では、手を付けかねるような
激しい痛みをもっている
ぎっくり腰の患者さんに対しても、

・負担の少ない姿勢で
・短時間で
・患部を直接触らずに

調整することができ、
来る前と、施術が終わった後で
明らかに歩き方が違って見える、

それだけ、だれの目から見ても
痛みが緩和される


そんな非常に高い確率で
しかも大きな効果を出せる
ぎっくり腰に適用でいる施術の流れを
組み立てたのが

碓井流活法のぎっくり腰施術パターンなのです。

千葉県・柔整師+PTで急性腰痛の対処法を求めていた受講生の声.jpg

2016年 03月 31日

続きを読む" ぎっくり腰にその場で効果が出せる技術を、2日間でお持ち帰り!活塾・碓井流活法整体セミナーfor柔整師・鍼灸師 "

やはり活法は体験すると面白い!面白くてためになる!【活塾】ワンデーセミナー、受講生の感動の声

31歳、女性の柔整師が、ワンデーセミナーを受けてくれた感想です。

この方は、もともとセラピストとして活躍なさっていたのですが、

自分が患者としてかかった、柔整師の先生がなんと、活法を使う先生で
その影響でずっと活法の治療術に興味があったのだそうです。

その後、セラピストをやめ、別の整骨院で勤務して
施術の補助などをしつつ
ついに、学校に通って、今年、柔整師の資格をとられたのだそうです。

おめでとうございます!

念願かなったものの、
やはり、学校を出ただけでは、現場で使える手技は
身につかないようで、

これからも勉強会にたくさん出ていきたいと
考えているそうです。

そんな中、活法に関するセミナーを探して
活塾のセミナーに参加してくれたのだそうです。


ワンデーセミナーの内容は
参加者からのニーズ、質問に応じて
即興で決まります。

今回の受講生は
柔整業界、セラピスト業界などの
勤務歴が長いこともあり、

実際に、国家資格を取られたのは
最近なのですが、

どんな症状を良くしたいのか
という、具体例が
次から次へと飛び出してきて

面白いセミナーになりました。


お見せした技の中で
一番、使ってみたいと思ってくれたのは、
患者さん自身にやってもらう、
簡単な肩の可動域の改善法です。

これは、腕の上がりが明らかに悪い
明確な四十肩・五十肩の
患者さんに使う方法です。


コンセプトは脳をだます。
挙げるのは、肩ではなく
手を挙げてしまえばよい。

だから、手先を目で追わせて
手を負わせるというのが
根本的な発想です。


体は一度上がった位置を
覚えてしまうので、

どんな方法であれ、一度上げてしまえば
覚えてくれます。


では、ここから先は、
受講生自身が書いてくれた喜びの声からの
抜粋です。


Q1.実際に受けてみてどんな収穫がありましたか?

治療をする際の患者さんの意識の大切さを知り
体感することができました。


Q2.今日のセミナーの中で、一番驚いたことを教えてください。

少しの手技で可動域が大きく変わったこと。


Q3.今日のセミナーの中で、一番面白かったことを教えて下さい。

顎の調整、側頭骨にアプローチすることで開口しやすくなったこと。


Q4.これまでに活法に対して抱いていたイメージは、
このセミナーを受けてどのように変わりましたか?

今まで具体的にどのような技があるのか知らなかったのですが、
様々な手法があることが知れて、効果をその場で
体感することができたのがとても面白く
勉強になりました。


Q5.このセミナーで学んだことの中で、今後のあなたの施術に、すぐに生かしてみたいことは何ですか

肩の可動域を上げる方法

(院長註:
ワンデーセミナーでは、本格的な技術の練習は行いませんが、
簡単に、患者さん自身にやってもらえる可動域の改善方法を
くらいは教えることができるので、それを実際にお見せしました。
それを実際に使ってみたいそうです。)


ワンデーアンケート・笹子香奈さま.jpg
2016年 03月 31日

続きを読む" やはり活法は体験すると面白い!面白くてためになる!【活塾】ワンデーセミナー、受講生の感動の声 "

東京・碓井流活法整体腰痛ベーシックセミナーの技術をすぐ翌日に使ってみた感動の声

でご紹介した

20代・女性の柔整師で、まだ学校を出て
就職一年目。ピッカピカの一年生

の、腰痛ベーシックセミナー受講生が
セミナー終了、2日後に

実際の患者様を相手に目覚ましい成果をあげた
=====================

との報告をしてくれました。

以下、その報告メールです。
ご本人に了承をいただきましたので、
掲載させていただきます。


こんにちは。
先日は2日間にわたり大変お世話になりました。
もう頭パンパンで、

特に一日目なんか肩あげっぱなしだったので
筋肉痛になってましたσ(^_^;)



(代表より註:筋肉痛といっているのは、
施術の練習で受け役になったときに、
相手役のパートナーが、まだ力の加減がわからず
強めに技をかけてしまったために
受け手側が疲れてしまったためなのだと思われます。

技をかける側にとっては、
決して筋肉痛を起こすほど、力を要する手技ではないので
これから受講を考えられている方は
ご安心ください。)



先週から少しずつ取り入れてたんですが、

ちょうど昨日と今日

(代表註:
ということは、セミナーの翌日と翌々日
ということです。

うちのセミナーを受けていただければ
終わった翌日からすぐに、
実戦で使えます。)


ぎっくり腰の患者さんがいらっしゃいまして、

特に今日の方は歩くのもやっとだったんですが

お帰りの際は普通に歩け、
ご自身でもびっくりされてました!
私も泣きそうなくらい嬉しい気持ちで、
改めて活法やって良かったと思えました!!
====================

本当にありがとうございました。

この感動と感謝をお伝えしたくて
連絡させていただきました。

まだまだ勉強して技術を磨いていきます。



 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

このメールをいただいた代表は、
すぐにご本人に、


きっと、他の受講生の励みになるので、

この文章をシェアしてもいいでしょうかと
確認を取りましたところ、

次のような返事が返ってきました!

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆



もちろん構いません!


未熟な私でもうまくできたので、
他の皆さまなら絶対成功しますし
感動すると思います(^^)




↑以上いただいた、喜びの報告メールでした!



・・・どうですか?

この受講生は、本当に
現場経験がほとんどゼロで、

柔整師の資格をとったばかりの
若い女性です。

やる気さえあれば、
特別な経験がなくても、また、力がなくても、

確実に、腰痛を改善することができる。

それが碓井流活法の技術なのです。

つまり、再現性がある。
誰でも結果が出せる。
特別な能力に依存しない。

ということなんです。


「活法」と一口にいいましても、
かなり、氣に近い世界のものもありますし、
人を活かす法であれば、
何でも活法になってしまいますから、

中には才能や経験がないと
難しい技術もあると思います。

しかし、碓井流活法は本当に
実利主義で、クールに、
教えるべき技術を選択しています。

だからこそ、
どんなに不器用な方にも
確実に結果を出していただける、

そんな技を優先して
はじめから教えているのです。



ちなみに、前回も紹介しましたが、
この受講生が、セミナー最終日に書いてくれた
セミナーの感想・喜びの声を再度掲載します。

詳しくご覧になりたい方は
過去の記事もどうぞ(下をクリック)




原文画像はこちら

20代女性、学校でたての柔整師が、碓井流活法腰痛ベーシックセミナーを受講した喜びの声原文.jpg
2016年 03月 31日

続きを読む" 東京・碓井流活法整体腰痛ベーシックセミナーの技術をすぐ翌日に使ってみた感動の声 "